KC’sは消費者被害の回復ができる特定適格消費者団体をめざします。
プロバイダサービス「iSmart接続-Fひかり」を運営する(株)フォーバルテレコムの契約時の手続きなどの改善を求めてきましたが、初期解除ルール導入等の改善があり、要請活動を終了しました。
2016.08.24(No.10000627)
 プロバイダサービス「iSmart接続-Fひかり」を運営する(株)フォーバルテレコムの契約時の手続き及び契約内容についての情報提供を受け、消費者保護の観点から改善の必要があると考え、同社に対し、以下の要請等の活動を行ってきました。

 2015年5月20日 当団体よりプロバイダサービス「iSmart接続-Fひかり」の契約時の手
            続き及び会員規約に関する「お問い合わせ」を送付。
 2015年6月15日 同社から「お問い合わせ」に対する回答書を受領。
 2015年7月22日 当団体より「要請兼再お問い合わせ」を送付。
 2016年2月22日 同社から「再要請兼再々お問い合わせ」に対する回答書を受領。
 2016年4月27日 当団体より「要請(その3)兼お問い合わせ(その4)」を送付。
 2016年5月30日 同社から「要請(その3)兼お問い合わせ(その4)」に対する回答書を受
            領。

 同社からの一連の回答内容を精査した結果、違約金の金額に関する認識の相違はあるものの、以下の改善を受けて、一旦同社に対する要請活動を終了しました。
 
 ①2015年8月3日より初期解除ルールを導入したこと。
 ②ホームページ上において、オプションの一覧表のページを作成し、web上のオプションのアイコン
  にリンクを張ることにより、消費者にわかりやすくしたこと。
 ③代理店に対して「改正電気通信事業法の消費者保護ルールに則った営業トークのチェック・改善のお
  願い」文書を交付し、コンプライアンス講習を実施していること。

 なお、全国の消費生活センターには、同社に対する相談が引き続き入っている現状があるため、今後とも消費者にとって分かりやすい契約内容と誤解を招くことがない適正な勧誘に努めることを、同社に求めています。