KC’sは消費者被害の回復ができる特定適格消費者団体をめざします。
美術通信教育講座を運営する(株)講談社フエーマススクールズの美術通信教育講座契約書の条項について差止訴訟の第1回期日が開かれ、原告被告の双方が意見陳述を行いました。
2013.07.25(No.10000389)
2013年7月24日大阪地方裁判所において美術通信教育講座を運営する(株)講談社フエーマススクールズの美術通信教育講座契約書の条項について差止訴訟の第1回期日が開かれ、KC’s榎理事長と㈱講談社フエーマススクールズ代表取締役阿部氏が意見陳述を行いました。
この条項にそって計算すると、全3年の通信教育期間中の最初の6ヵ月未満の時期に中途退学手続きを取った場合であっても、総学費1,611,500円のうちほぼ半額の 782,000円(48.5%)が返還されず、高額な中途解約金となるものです。 次回期日は同年10月9日となっています。
この訴訟について詳しくは こちら をご覧ください。